『妹さえいればいい。』数量限定生産商品 可児那由多 フィギュア 注文締切日 12.6

発売日:2018年425日(水) / 注文締切日:2017年126日(水)
価格:13,800円(税抜)
仕様:塗装済みフィギュア/サイズ:約145mm (1/7スケール)
材質:PVC&ABS/原型制作:みさいる
発売・販売元:株式会社壽屋
※数量限定生産商品につき、なくなり次第終了となります。
※画像は試作品のものです。実際の商品とは多少異なる場合がございます。

ディスプレイサンプル

可児那由多フィギュアと白川京フィギュアは台座が繋がり、並べて飾ることができます。※背景ボードは付属しません。

羽島兄弟の秘密のフィギュア鑑賞会

小林さん:
僕は那由多フィギュアが完成する前からずっと思っていたのが、枕を下敷きにしているというあたりがなんとも…なんとも言えなくて。
山本さん:
馬乗りにしている感じね。
小林さん:
そうですね。これは言ってしまうと…エロさが倍増したなと(笑)
山本さん:
無邪気さと、この積極的なところと。なんだろうな、うまいこと小道具使って可愛く見せる演出力みたいな。
小林さん:
普段の那由多だったら無意識にやっていることを、無意識じゃない感じに…
山本さん:
そうそうそう(笑)
小林さん:
僕はこの枕があることで、100点を150点ぐらいに引き上げました!
山本さん:
すごい!結構いくね(笑)
小林さん:
枕もですが、真っ先に気になるのはこのお胸ですよね。
山本さん:
ホントそう!実際に見たことはない盛り方なのに、リアルに見えるっていうか。ふわふわさと触ったら温かそうっていうのが伝わってくる。生々しさというか。そこが、なんかもう時代をつくっちゃったというか。
小林さん:
パイオニア!
山本さん:
そう。パイオニア!この形のおっぱいのパイオニア!おっパイオニア!(笑)
小林さん:
あと全体的に肌の透明感があって。そこがまた生々しくて。エロさを倍増させる!
山本さん:
そうなんだよね。谷間の影のつけ方とか。影もオレンジがかっていて、温かみのある色なのか体温を感じるよね。ちゃんとフィギュアから。
小林さん:
今のフィギュアってすごい。
山本さん:
枕を外すと…あらー。
小林さん:
あっヤバい!
山本さん:
お尻もヤバい!
小林さん:
那由多ヤバっ!
山本さん:
素晴らしいと思う!胸もそうだし、お尻も。よくよく見ると足も、指も、なんか生々しくない?
小林さん:
本当だ。親指でしっかりバランスとってる!
山本さん:
足の裏もさ、たまらないよね。足の裏フェチには。フィギュアって靴履いていたりして、足の裏が見えなかったりするけどこれはしっかり見えるから。
小林さん:
気をつけて見ないと。で、これ下にハマる伊月はいつ出来るんですか?
山本さん:
おい!(笑)
小林さん:
朝、伊月がパッと目が覚めたら目の前に那由多が乗っているという仕様のフィギュアかと思ったんですが(笑)
山本さん:
その時は伊月もそれなりに服がはだけているのかな。
小林さん:
上半身は裸で、腰にタオルケット(笑)
山本さん:
話を戻そうか(笑)。那由多の髪の毛の繊細さ、きらやかさ。サラサラしてそう。
小林さん:
背中もちょこっとだけはだけていて、それが髪の毛で隠れてて。微妙に見えるチラチラ感。にくいなー。
山本さん:
体のラインすっごい綺麗!めっちゃ綺麗じゃない?
小林さん:
胸の厚みと背中の細さのバランスよ!これは破壊力ある。
山本さん:
肩甲骨が作られているってセンスを感じる。
小林さん:
うんうん。男を悩殺する要素が詰め込まれていて。
山本さん:
ここまで那由多が那由多をさらけだしてさ。
小林さん:
ん?
山本さん:
那由多ファンとしてナイスだよ。着てる服もすごいし。
小林さん:
表情も何のいやらしさもないところがいやらしい。特典パーツの「ムクれ顔」もね。
山本さん:
「いつかまってくれるんですか、先輩」って顔ですね。
小林さん:
いい。これいい!
山本さん:
にらめっこしたくなるね。あっぷっぷって(笑)
小林さん:
ごめんねって言って、こっちに向き直させたくなるよね。
山本さん:
そうそう。ごめんねって言って、通常パーツの笑顔に戻して、「いいですよ先輩」って言われたい!無限ループ。一生遊べるじゃん!
小林さん:
色んな那由多が堪能できる。まじまじと見てると何か感じるものがある。
山本さん:
すごい感じるでしょ。心がホッティだよね。あと、那由多は京フィギュアと一緒に並べられるんだって。
小林さん:
うわ。えー!那由多が「先輩エッチしましょ」、京が「ちょっとちょっと私も仲間に入れなさいよ!」っていうシチュエーションが(笑)
山本さん:
今のセリフは京も怒っちゃうよ(笑)
小林さん:
続報を待て!って待てない!(笑)

可愛いあの娘がついにデビュー 可児那由多【フィギュアグラビア】 コンセプト

可児那由多×野澤亘伸(海パンカメラマン)

野澤亘伸(海パンカメラマン)写真

野澤亘伸(海パンカメラマン)プロフィール
93年より光文社の写真週刊誌「フラッシュ」の専属として主に
報道取材を中心に活動を始める。
2000年より日本ユニセフ協会の現地視察に同行し、東ティモール、
ブルキナファソ、ソマリア、モルドバ、レソト王国などを取材。
2002年よりタレント写真集、グラビア撮影を開始する。
  • カート
  • カート
カート