• HOME
  • A.I.C.O. Incarnation Blu-ray Box Collector's Edition【BVC限定】

A.I.C.O. Incarnation Blu-ray Box Collector's Edition【BVC限定】

監督・村田和也×制作・ボンズのタッグで贈る、オリジナルバイオSFアクション!
――君は今…人間じゃない

販売期間
2018/10/22 11:00 ~
発売日
2019/02/26
カートに入れる
在庫あり
02/28までに発送予定

特典・仕様

特典

・鳴子ハナハル描き下ろしコミックを収録した特製ブックレット(約100P×2)
・【BVC限定】原画集(32P)
・【BVC限定】特製BOX in BOX


音声特典

・スタッフ&キャストオーディオコメンタリー
【出演】
第1話 :村田和也、小林裕介、白石晴香
第4話 :小林裕介、白石晴香、村田太志、 名塚佳織
第8話 :小林裕介、白石晴香、竹内良太、茅野愛衣
第12話:小林裕介、白石晴香、古川 慎、M・A・O


映像特典

・PV集
・ノンテロップOP&ED


他、仕様

・鳴子ハナハル描き下ろし収納BOX
・石野聡描き下ろしインナージャケット


スペック

品番:BCXM-1418
ジャンル:ネットアニメ
カラー/確/312分/(本編297分+特典15分)/リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G×4枚/16:9<1080p High Definition>/日本語字幕・英語字幕付(ON・OFF可能)/全1巻

内容

制作年度:2018年

【12話収録】
 人工生体の研究中に起きた大事故“バースト”により、黒部峡谷一帯は暴走した人工生命体“マリグナント・マター”に侵蝕された。その2年後、2037年夏。バーストで家族を失った15歳の少女・橘アイコは、謎を抱えた転校生・神崎雄哉と出会う。彼はアイコの身体に隠された“秘密”と、それを解くことができる“鍵”の在り処を告げる。
「この災厄に終止符を打てるのは……君しかいないんだ」
 運命に翻弄された少女が、辿り着く先とは――。

■第1話「接触」
 2年前、黒部峡谷で起きた人工生体の研究中の大事故・バースト。その事故に巻き込まれ、家族を失った15歳の橘アイコは、悲しみを振り払うよう懸命にリハビリを続けていた。病院生活にも慣れ、明るい友人に囲まれ、平穏な日々を少しずつ取り戻していくアイコ。そこへある日、一人の転校生がやってくる。神崎雄哉と名乗る彼は、アイコが入院する桐生病院に検査を受けにきたというが……。
■第2話「標的」
 雄哉の活動拠点へと連れてこられたアイコ。出迎えたのは人工生体の開発者・黒瀬と、ダイバーの篠山だった。そこでアイコは、自身の体が偽物――人工生体であることを告げられる。さらに死んだはずの家族が生きていることを知り、動揺するアイコ。バーストを収束させるためにも、プライマリーポイントへ一緒に来て欲しいと話す雄哉だが、戸惑うアイコは……。一方、彼らに新たな危機が迫ろうとしていた。
■第3話「決断」
 謎の組織による襲撃を受けた雄哉たち。アイコと雄哉を攫ったのは、マター対策庁の局長・南原によって組織された特務班であった。班長である小佐波の話から、自分が保護されたことを知るアイコ。しかし、安堵とは別に、その胸中を占めるのは雄哉たちから聞かされた情報だった。母と弟は生きているのか、自分の本当の体はどこにあるのか――。真実を求めて、アイコは大きな決断を下す。
■第4話「遭遇」
 プライマリーポイントへ向かうべく、雄哉、ダイバーたちと共にエリア内を進むアイコ。黒部峡谷一帯を浸食するマグリナント・マターは、予想を超えた脅威となり一行の行く手を阻む。そこで篠山は、黒部ダムのゲートを使った作戦をダイバーたちに指示する。一方、首相官邸では、マグリナント・マターの措置について会合が開かれていた。エリア一帯を焼き払うべきだという議員の主張に、南原は強く反論する。
■第5話「記憶」
 ギロチン・シャッターにより、マグリナント・マターの断裂に成功したダイバーたち。周囲一帯のマターは麻痺し、一行は柳河原キャンプで補給を兼ねた束の間の休息を取ることに。武装を解き、それぞれ羽を伸ばすメンバー。同世代のアイコと一樹、楓たちは、これまでの経緯を互いに話し始める。その中、エリア外で活動を進める黒瀬は、南原に接触を図る。東京から黒部に出向いてきた南原、そこにある真意とは。
■第6話「覚醒」
 コンペティションのポイントを稼ごうと、マグリナント・マター相手に派手な戦闘を繰り広げる楓。作戦を差し置いたスタンドプレイに、相模は危惧の念を抱く。その中、一行の行く手に新たな脅威が立ちはだかる。渓谷の天井に網の目のように張り巡らされたマグリナント・マター。休眠状態のはずのそれらが、活性化していたのだ。ルートの上下をマグリナント・マターに挟まれた危機的状況で、楓は真っ先に飛び出していくが……。
■第7話「突破」
 アイコたちを追ってきた武装部隊は、小佐波率いる特務班だった。小佐波は雄哉たちに対し即時降伏を要求、アイコを解放しなければ、攻撃の用意があると警告を発する。振り切ろうとするダイバーたちだったが、特務班の術中にはまり窮地に立たされる。雄哉と小佐波の間でなされる緊迫の駆け引き。そこへ突如、今までにはない規模の人型マターが現れて……。過酷さを増す戦いに、激しく動揺するアイコは――。
■第8話「行路」
 アイコの皮膚に浮かぶ、カーボン・ナノ・ストラクチャーの黒い帯。動揺するダイバーたちに篠山と白石は、アイコの身体の真実――脳以外の全身が人工生体であること――を告げる。マグリナント・マターの恰好の餌となるアイコの“合成体”。ダイバーは自分たちが常に危険に晒されていたことを知り、クライアントの雄哉に対し不信感を募らせる。重たい空気がチームに漂う中、彼らの道行きに最大の試練が訪れようとしていた。
■第9話「真実」
 篠山を失い深い悲しみに暮れる白石は、一つの問いをアイコに投げかける。雄哉のことを信じているか、と。さらに白石は、アイコの知らなかった新たな真実を伝える。アイコが本物の体を取り戻した時、“もう一人のアイコ”は消失してしまうというのだ。アイコはもう一人の自分に思いを馳せ不安に苛まれるが、雄哉を信じようと心に決める……。そしてついに一行は、プライマリーポイントへと通じる最後の関門“K5”に辿り着く。
■第10話「選択」
 取り込まれたマグリナント・マターの中で、アイコが出会ったのは“もう一人の自分”だった。自分の存在意義に揺らぐアイコに対し、もう一人のアイコは優しく語りかける。一方、真実を知ったダイバーたちは、雄哉に怒りをぶつけていた。中でもアイコのことを思う一樹は、雄哉を否定しアイコを一人探しにいく。マグリナント・マターの脅威が増す中で、バラバラになっていく一同。揺らぐ己の信念と向き合う雄哉……、そこへ柚葉に似た人型マターが現れる。
■第11話「矜持」
 アイコと再会を果たした雄哉は、大変な決意をアイコから聞かされる。それは、アイコにとって自分自身を犠牲にするものだった。母と弟、そして自分ではない“本物の橘アイコ”を救いたいと話すアイコ。その決意は雄哉の望みでもあったが、受け入れられない自分がいることを雄哉は知る。刻々とタイムリミットが近付く中、桐生病院では伊佐津が新たに動き出そうとしていた。伊佐津と雄哉――由良俊英の因縁の対決が幕を開ける。
■第12話(最終話)「再生」
 多目的手術装置「アルサス」に辿り着く雄哉たち。ついに、アイコの体の交換手術が始まろうとしていた。しかし、伊佐津の暴走は留まるところを知らず、人型マターの群れが雄哉たちを襲う。そこへ駆けつけたのは、相模たちダイバーだった。アイコの固い決意を知り、覚悟を決めるダイバーたち。そして雄哉は手術を前に、自分自身の思いをアイコに告げる。雄哉とアイコ、共に歩んできた二人が選ぶ未来とは――。

スタッフ

第1話  脚本:野村祐一/絵コンテ:村田和也/演出:守田芸成/作画監督:山﨑秀樹/マター作画監督:三輪和宏
第2話  脚本:野村祐一/絵コンテ:村田和也/演出:中川 聡/作画監督:可児里未/マター作画監督:三輪和宏
第3話  脚本:野村祐一/絵コンテ:村田和也/演出:飛田 剛/作画監督:堀川耕一/マター作画監督:三輪和宏
第4話  脚本:野村祐一/絵コンテ:村田和也/演出:下司泰弘/作画監督:松川哲也・丹澤 学/マター作画監督:三輪和宏・佐藤由紀
第5話  脚本:野村祐一/絵コンテ:村田和也/演出:菊池聡延/作画監督:菊池聡延・山田 勝
第6話  脚本:野村祐一/絵コンテ:村田和也/演出:安齋剛文/作画監督:秋山英一・武本大介/マター作画監督:水畑健二
第7話  脚本:和場明子/絵コンテ:村田和也/演出:守田芸成/作画監督:可児里未・青野厚司・丹澤 学・秋山英一・荻野美希/マター作画監督:伊藤嘉之
第8話  脚本:谷村大四郎/絵コンテ:村田和也/演出:飛田 剛/作画監督:堀川耕一・加藤やすひさ/マター作画監督:佐藤由紀
第9話  脚本:野村祐一/絵コンテ:村田和也/演出:角地拓大・三宅将平/作画監督:秋山英一・堀川耕一・菅野宏紀・加藤やすひさ・飯山菜保子・荻野美希/マター作画監督:本城恵一朗
第10話 脚本:和場明子/絵コンテ:村田和也/演出:蓮井隆弘/作画監督:飯山菜保子・荻野美希・菅野宏紀/マター作画監督:中重俊祐・本城恵一朗
第11話 脚本:谷村大四郎/絵コンテ:村田和也/演出:蓮井隆弘/作画監督:可児里未・山﨑秀樹・青野厚司・関口亮輔・加藤愛仁/マター作画監督:佐藤由紀・本城恵一朗
第12話 脚本:野村祐一/絵コンテ:村田和也/演出:三宅将平・守田芸成・飛田 剛/作画監督:堀川耕一・可児里未・伊藤嘉之・石野 聡・秋山英一・永作友克・加藤愛仁・加藤やすひさ・田中誠輝・陣内美帆・芳尾勝美・山﨑秀樹/マター作画監督:三輪和宏・水畑健二・本城恵一朗・佐藤由紀

原作:BONES/監督:村田和也/シリーズ構成:野村祐一/キャラクター原案:鳴子ハナハル/キャラクターデザイン・総作画監督:石野 聡/コンセプトデザイン:岡田有章/メインメカニックデザイン:高倉武史/マターデザイン:三輪和宏/美術監督:東 潤一/色彩設計:岩沢れい子/CGIディレクター:太田光希/撮影監督:福田 光/編集:坂本久美子/音楽:岩代太郎/サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement/音楽制作:ランティス/オープニング主題歌:TRUE/エンディング主題歌:白石晴香/音響監督:明田川 仁/音響効果:古谷友二/アニメーション制作:ボンズ

キャスト

橘 アイコ:白石晴香/神崎雄哉:小林裕介/相模芳彦:古川 慎/水瀬一樹:村田太志/芹 遙香:名塚佳織/三沢 楓:M・A・O/篠山大輔:竹内良太/白石真帆:茅野愛衣/黒瀬 進:大川 透/伊佐津恭介:子安武人/南原顕子:田中敦子

お支払い方法

お使いいただけるクレジットカード:
Visa、American Express、MasterCard、JCB
決済手数料:弊社負担
お支払い回数:一括払いのみ

・コンビニエンスストア(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ)
・Pay-easy(ペイジー)対応ATM(みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行)
・ネットバンキング(ジャパンネット銀行、楽天銀行)
・代金引換 代引手数料:無料(但し、購入金額5,000 円(税抜)未満となる場合は300 円(税抜)いただきます。)
商品お届け時に、配送業者に代金をお支払いください。

※配送業者へのお支払いは現金のみ取り扱っております。
※分割配送の場合、商品発送ごとにご請求となります。
※土日祝日の発送はございません。

必ずお読みください

【商品の取り扱い】
  BANDAI VISUAL CLUB、プレミアムバンダイ
  ※イベント会場等で販売する場合があります。

【ご注意(必ずお読みください)】
 ■ご注文・お支払いについて
  ※ご注文は、1注文につき2個までとなります。
  ※決済方法「オンライン収納」を選択時は、メールにてご案内させて頂きましたお支払期日までに
   購入・決済手続きが行われなかった場合は、キャンセル扱いとして手続きを致します。
   いかなる理由でも、決済期間の延長は対応出来かねます。
   なお、2019年1月25日(金)以降は、「マイページ」の「注文・配送状況」からでもお支払に関するURLをご確認いただけます。
  ※お客様都合による決済後のキャンセルは出来かねます。
  ※以下のご注文は、キャンセルさせて頂く場合がございます。
   (1)転売、再販売または営利目的の恐れがある注文と判断した場合
   (2)購入上限のある商品を個人またはグループが繰り返し注文した場合
   (3)過去に複数の購入履歴がある個人またはグループが注文した場合
   (4)商品の送付先が物流倉庫、転送センターなどの場合
   (5)上記以外で不正な注文と判断した場合


 ■配送について
  ※本商品は、お申し込み状況、生産の都合等により、発送日が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  ※配送地域や決済方法、天候の状況等によって、お届け日が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  ※配送地域は日本国内に限らせて頂きます。また、配送業者は佐川急便となります。
  ※配送箱につきましては交換対象外です。
  ※局留め(営業所受け取りサービス等)の対応はできかねます。
  ※商品の配送状況については、以下の手順でご確認頂けます。
   (1)バンダイビジュアルクラブにアクセスし、ログインします。
   (2)「マイページ」の「注文・配送状況」を開きます。
   (3)対象のご注文番号に付随する「詳細」ボタンをクリック。
   (4)「お荷物お問い合わせ番号」を確認します。
      ※配送前は表示されておりません。


【商品・配送・お支払に関するお問い合わせ】
  バンダイナムコアーツ お客様センター
  Eメール:shop@bandainamcoarts.co.jp
  受付時間:月曜日~金曜日 10時~17時(祝日、夏季・冬季休業日を除く)


レーベル EMOTION
発売元  バンダイナムコアーツ
販売元  バンダイナムコアーツ
(c)BONES/Project A.I.C.O.